いろんな人が集う、「憩いの場・癒しの場・楽しみの場」を造りたいと思います
そして、自然と人・人と人・人と物をつなぐ場にしていきたいと思います
ア・ベリー・ガーデン健寿では、活動の趣旨に賛同し
会員になって頂ける個人の方を募集しています
このガーデンは発展途上のものです
会員一人一人の協力で造られていきます
あなたも一緒に楽しめるガーデンを造っていきませんか?
個人会員の方には様々な特典を準備しています
詳細はお問い合わせください<(__)>
 
できるだけ自然のままの状態に近づける為、ガーデン内では

自然栽培法と潜在自然植生 を進めています.。

自然にも大地にも人間にもやさしい環境を目指しています
◆参考
「奇跡のりんご」木村秋則 氏の自然栽培法
「宮脇方式」宮脇昭 氏の植生回復法
原則として無農薬・無肥料による栽培法。
 
マメ科植物や麦などを使い、窒素のバランスを整える。
※有害窒素(硝酸態(硝酸性)窒素)を浄化し、有効窒素に切り替える。
根の長い麦や雑草を使い、地下30~50㎝にできやすい硬い層を破り、
大地に含まれる成分を最大限活かせるように、地中深くまで作物の根
を伸ばさせる。
※硬盤層の下には1000年分以上のリン酸・カリ等があるそうです。
健康的な土と健康的な作物を作る。
「害虫と益虫のバランス」のような生態系を作る。
病害虫の防除に酢(食酢・竹酢液・木酢液など)を使う
(忌避剤になります)。
農薬・化学肥料・未熟な堆肥などは、病気や害虫を誘発させるので
使用しない。
人間と同じで健康的な状態を作る事で、病気や害虫に強くする。
また、何でも活かし、生育させる力に変えられる。
作物の生育を抑えない程度の雑草も生育させる。
雑草を活用する事で、土地の環境を改善し、ミネラルを循環させ、
土壌微生物などの働きを良くする。
その土地に本来自生していた、今の立地・気候が支持する植生。
人の手を加える前の自然な植物の集まりに戻す。
自然災害に強い土地となり、本来の自然に戻すことができる。
H.20年から無農薬でやっています^^
農薬の代わりに万田酵素・キパワーソルト・竹酢液を使い、
作物の手伝いをしています。 すべて「自然のもの」です。
徐々に自然栽培法で作物の手伝いをすすめていきます^^
少しでも興味や関心のある方は、以下まで連絡ください
電話やFAXで「フルーツガーデンの個人会員の件で~」
と問い合わせください<(__)>



〒861-5401
熊本県玉名市天水町小天897-5
ア・ベリー・ガーデン健寿
園主 氏家 信博
電 話:0968-82-3237
FAX:0968-82-4126